2020年12月18日金曜日

1月16日はチューリップの日

 


ちょっと忙しく、更新する時間が取れないでいます。

今週から、ハンカチのサイズ選択を1つ増やしました。

フォーマルサイズ23.5cm
大判サイズ41cm
New→ ハンドサイズ33cm

それに伴い、作品紹介文の見直しも決行。

けどね、ハンカチばっかりだから当然といえば当然なんだけど。
以前と比べて品数が増えて、写真がみんな同じに見える。

いつかそうなる。とは思ってたけど。
いざなってみると、小道具とか必要になってきたなと。

そんな訳で、最近の私はユーカリの木が欲しいです。
鮮度の良い枝がほしいから。


寒くなって、雪も降って。
暖かい部屋でぬくぬくと仕事をしてたい。

けど、そうもいかず。

今週末は夫の実家の梅の木の剪定にも行くし。

来年もおいしい梅干作りたいし。
誰も手入れしないなら、私がやらずに誰がやる~。

全てにおいて、夫のノリが良いことが救い。

今週は、ハンカチの仕立て作業をひたすらひたすら。
おーし、年末までにあと100本頑張るぞー!


↓ポチリと応援下さいませ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2020年12月13日日曜日

⑥委託サイトの掛け持ち

気取らないイニシャル刺繍のハンカチはいかがですか。


⑤初めての価格設定
---------------------------------------------------------------

今回のお話は、100%私見なお話。

一般的なお話はgoogle先生の検索魔法をご自身で唱えて下さいね。
(検索呪文は「ハンドメイド 委託 比較」がオススメ)

1、複数の委託サイトに登録するってどう?

現在の私は、iichi、minne、Creemaの3つの委託サイトに登録しています。
登録した時期はそれぞれ異なりますが、いずれも今年の春以降。
それと、ネットショップをBASEで管理しています。

通常(google先生談)、委託サイトやネットショップは2社推奨。
理由は、管理が大変だから。

でも私は、委託サイト3社とネットショップを1つを管理している。

作品登録を4社する手間。
在庫の変更、納期の変更を4社する手間。

そのほかにも、1つしかないものが同時に売れたら?
注文が重なって一度に沢山の作品の納期が重なってしまったら?

同じものを複数のサイトで販売すると、沢山のピンチがある。
でも、色々調整しつつ続けてます。

4社を掛け持てる秘訣は「納期に余裕を持つ」ってことくらい。
私自身、今も色々悩みつつ工夫を搾り出してます。

何か新しい戦略などがすすんだら。
4社同時管理に関しては、そのころにまたご報告させて頂きます。


2、登録してみたそれぞれのサイトはどんな感じ?

私は最初、iichiを選びました。
その理由は、プロの作品が多いと聞いたからです。(google先生)

作家としては初心者でも、刺繍の技術にはそれなりに自信がありました。
なので、クオリティが高いとされるiichiで勝負しました。
今思えば「自信を持ちたかった」とも言えます。

お客様は、富裕層や高めの年齢層なイメージ。
登録者数はそんなに多くないのかな。
正直、どんどん新しい方が閲覧して下さる感触ではないです。
ですが、お客様のリピート率が高く、長くお付き合い頂ける方と出会える。
もしかしたら、登録して最初の半年が勝負なサイトかもしれません。

気になる点は、手数料20%(他社は10%前後)
ですが、作家側が何もしなくても運営側が特集掲載等してくれるのは助かります。
が、やっぱり手数料20%はナカナカ。
売り上げに対して、振り込まれた数字を実際に見るとちょっとムムム。
あとは、作品にオプション選択がつけられないことが少し不便。
毎回メッセージにてお客様に確認を取る手間があります。

ですが、「休暇設定の機能」がとても良いです。
使い方は自由文を入力して機能をONにするだけ。
それだけで、自由文が赤枠で囲まれて全部の作品の価格の下に表示されます。
急に数日間お休みしたい時、注文が集中して発送予定日を伸ばしたい時など。
忙しい時に時間をかけずに対応できるのが非常に便利で助かります。

次は、minne。

兎にも角にも、登録しているお客様の数がとても多いと感じています。
そして、お客様も作家も、趣味も趣向も年齢も性別も多種多様なイメージ。

なので、他のサイトで売れない品が動いたり、読めない面白さがあります。
それと特集掲載に載ることが出来ると、販売数の伸びが凄いです。

多くの作家と、多くの作品の中に埋もれての販売。
私的には「激安の殿堂 ドン・キホーテで売ってみた」的なノリ。
オシャレな作品が沢山掲載されているのに、どうしてなのか。
なぜそんなイメージを持っているのか自分でも不明です。

注意点は、手数料が作品代金だけでない事。
サイト上で動いた金額全て(送料もオプションも全て)に、手数料が課されます。
うっかり送料を実際の金額そのままにすると、作者負担になってしまいます。

最後に、creema。

現状、一番お世話になっている委託サイトです。
私見ですが、穏やかで安心してお取引が出来るお客様が多いです。
またお取引後、ほとんどのお客様が感想や商品レビューを下さいます。

手数料が作品のみな点や、運営側のやる気の強さも魅力的です。
また、半期のトレンド予測情報や販促情報などが半年前にメールで届きます。
それと、出品作品関連のイベント情報が自分宛(ハチの針宛)本文で届くのも粋です。

私的には現状、全く不満のないサイトです。


次回の売れっ子作家への道は、
なににしようかな・・・。

ポツポツと興味を持ってくださる方が居て嬉しいです。
↓興味を持って頂けた方、ぜひ応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2020年12月10日木曜日

⑤初めての価格設定

ネーム入れも行ってます。
ーこれまでの「売れっ子ハンドメイド作家への道」―
①売れっ子ハンドメイド作家への道
②私が初心者ハンドメイド作家になった日
③自営業の保育園申請のお話
④自分なりの収入目標 
---------------------------------------------------------------

作品の販売価格を決めようとした時。
私は最初にハンドメイド作家の啓発本のようなものを参考にしました。

ハンドメイド作家の啓発本のようなものには、販売価格は材料費を基準にきめるような事が書かれていましたが、私は納得できなかった。
( 材料費の3倍。もしくは、販売価格の3割が材料費と書かれていた。)

私がもし、宝石などを原料として作品を作っていたら、この計算を参考にしたと思います。

質の良い作品を作るために、多くの不良を含む材料を確保した中から、質の良い材料を手にする事が一番大事だと思うからです。
場合によっては、材料費の4倍、5倍と設定を上げているかもしれません。

ですが、刺繍にはその考えは当てはめにくい。
なぜなら、材料は安定した質の良さでいくらでも手に入るからです。

困った私は、他の刺繍作家さんの販売価格を参考にする事にしました。

気づいた点は以下。
・一点物が多い。
・再販をしない作品は良い価格をつけている傾向がある。
・時間をかけた大作ほど、なぜか価格が安めに設定されている。
・展示作品には高値でも売れると思われる作品が多いのに売ってない。

それを見て思った価格と販売方法。
①定番商品は、薄利過ぎない程度に調整しつつ、多売を目指す。
②薄利多売したくない作品は、価格を上げてでも販売数を制限する。
③時間をかけて作った作品は、高い値段になってもめげずに販売する。

こうして、私は作品に値段をつける覚悟を決めました。

「手刺繍仕立てのハンカチ」基準価格は2800円。
このハンカチは、23.5×23.5cmの少し小ぶりなハンカチ。
①と②の間に属する作品。

ふちの仕立てはパンチワークという穴が開く仕立て。
目の細かい布地の糸を4本ずつ、2mm間隔で糸を絡めて縫います。

1枚の製作時間は、お花のワンポイント刺繍を入れて約1日。
大体7時間ほどで1枚を完成させる事ができる労力を要します。

結果、この作品は委託販売サイト「iichi」で好評を頂きました。
2ヵ月後には一ヶ月先まで予約を頂き、大成功だったと思っています。

ですが、販売から2~3ヵ月後には値上げをしました。
②の薄利多売したくない作品になったからです。

理由は、私の体がっ腱鞘炎やスマホっ首になって動けなくなったから。

身体って、自分の体なのに分からないものだなと。
「あれ?おかしいな??」って思う予兆はあったんです。
でも、忙しくなって嬉しかったし、誤魔化して続けてた。

そしたら激痛。
首が一切回らないとかいうレベルじゃなく、ピクリとでも動けば激痛。
何とか予約分を終えて、仕事休んで2ヶ月ほどで治れたけれど。

お医者さんからは、もしかしたらこのままかも。とも言われてドッキリ。

治ったと言えど、その間は日常生活に支障が出しまくりでした。
それに、折角の波も乗り切れず、仕事も出来ず。

売れっ子作家になると作家を辞めるって話の一端はこれか…。と。
なれない事を軽く見て頑張ると、思いもよらない落とし穴がある。

だから、販売価格ってとても大事だと思ってます。
数が売れれば良いのではなく、ちょうど良く売れるのが一番良い。
なので私は「予約販売が埋まる作家」になりたい。

「価格は企業努力で安くする」なんて言葉を聞いたことがありますが、諸経費などを削っての話で、精神論で自分を削るのは間違い。

-まとめ-

これは、あくまでも私が今思う答えですが。
作品は作家ではなく「販売者として売る」が、理想なのかなぁと。

・価格は経費等をちゃんと削って、労賃はきちんと自分に支払う。
・価格は必要に応じて上がることはあっても、気分で下げない。
・売れないときは、売る努力をする。(写真や文章、販売サイトの見直し等)
・どうやっても売れない作品にしがみつかない。ダメなら処分。

仕事に限らず、割り切って考える事は大切だと感じています。
次ぎ行こうぜ、次ぎっ!みたいな。

自分が幸せじゃないと続かない仕事だと思うので、今日も理想目指して頑張ります。


次回の売れっ子作家への道は、
「委託サイトの掛け持ち」を予定します。

ポツポツと興味を持ってくださる方が居て嬉しいです。
↓興味を持って頂けた方、ぜひ応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2020年12月7日月曜日

④自分なりの収入目標

この時期も人気のミモザ、大判と普通サイズ。

ーこれまでの「売れっ子ハンドメイド作家への道」―
①売れっ子ハンドメイド作家への道
②私が初心者ハンドメイド作家になった日
③自営業の保育園申請のお話

---------------------------------------------------------------

初心者作家生活をスタートした去年のGW。

このとき一番に掲げた目標は「作家生活を維持するための黒字」でした。

私は、過去に作品を販売していた経験があります。
ですがそれは、目的が完成品を材料費に還元するためのバザー販売。

ですが今回は違います。
求めるは利益!お金が全て!!!(ぉぃ

なので私は目標月収と作家生活を諦めるラインを明確にしました。

「収入目標:扶養控除内の月収8万円前後」
「アウトなライン:平均月収2万円以下」

そして次に、好きな仕事がブラックにならないよう。
自分を守るための最低労働基準も決定。

最低日給:1日8時間で3000円。

この金額をどう思われるかはその方次第ですが。
これは「前職のパート@1日分」を基準に決めました。

私の前職は1日3時間(時給1200円)なパート勤務。

「3時間と8時間って全然違う!ブラックやで!!」
と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが。

でも、聞いて。

パートって、出かけるための準備や通勤、付き合いなどの時間がある。
パートに出かけるための、化粧品や衣類やその他ドリンク代も、かかる。

だから私的にはホワイト。

と言ってもこの日給。
働いた時点で得るのではなく、3000円分の利益が出る在庫を表す額。

ここをどれだけ上手に回転させるかが、鍵。


-まとめ-

スタートの目標設定から1年半経っての感想など。
私自身の収入は作家業を続けている事などから察して頂けますと幸いです。
それと、月収8万円目標は辞めました。

現在は、年収を効率よく限界まで伸ばす事を目標としています。
と言うのは、私が販売しているネットの特性が関係あります。

一例を挙げるなら、委託サイトさんの「特集掲載」
これは、多い時は予想のはるか上を行く販売数になることがあります。
※期待を裏切るくらい低いピークもあります。

この作品掲載は「年間売り上げを伸ばすチャンス!」なのですが。

繁忙期に組まれることが多いため、忙しい時期にさらに忙しくなるイベントが発生する流れになります。

なので、忙しくない時期にどれだけ在庫を作れるかが勝負。

ですが私、去年に引き続き、今年もこの先見に失敗しました。
来年、うまい事乗り切って、繁忙期以外を遊んで暮らしたい。

そして、誰も買わないような高額になっちゃう刺繍作品とか作りたい。
ドロンワーク一杯のハンカチとか~そういうの、遊びで作って販売したい。


次回の売れっ子作家への道は、
「初めての価格設定」を予定します。

ポツポツと興味を持ってくださる方が居て嬉しいです。
ありがとうございます。

↓興味を持って頂けた方、ぜひ応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2020年12月3日木曜日

③自営業の保育園申請のお話

桜の刺しゅう。
図案そのままに刺し方をリニューアルしました。

ーこれまでの「売れっ子ハンドメイド作家への道」―
①売れっ子ハンドメイド作家への道
②私が初心者ハンドメイド作家になった日
---------------------------------------------------------------

時は戻り4年前。

我が家では、生活費に余裕がなかったので、
息子の0歳児入園を希望していました。

義実家や義親戚からは「小さいのに可愛そう。」とか、
「3歳まではお母さんと一緒が良い。」等言われましたが。

「お金がないし、面倒見てくれる人も居ないので。」というと、
「そっかぁ、そうだよね…。」と、あっさり理解を得られました。


妊娠以前の私は、個人レッスンの刺しゅう講師の仕事と、
オーダーメイドの刺しゅう作品の販売を行っていました。

ですが、それは愛知県に引っ越してきてから始めたことで、
半年か1年ほどの間の出来事。

なので実際は収入の見込みが立っておらず、
認知症の介護施設の調理スタッフとしても働いてしましたが、
その仕事は妊娠発覚と高齢出産の不安で退職していました。

なので、出産後、保育園の入園希望書類を書く時!困った!

現状、雇われている職場は無く、内定している職場も無い。
だが、無職で申請すると保育の必要性が低くなり、
貰える点数が減るため、入園できる可能性が低くなるらしい。

内職の欄もあったけど、請負先の記入が必要で、
無職よりはましだけど、これも点数が低いらしい。

うーむ。

というか、頭が良くない私にこの書類は難解すぎる。
申請書類自体が、どう書けば良いのか全く見当がつかないのだ。

そして残念な事に、夫も(略

なので、お役所の窓口で素直に相談する事にしました。

・入園後は、ハンドメイドの仕事をしつつ、
 生活費のために合間でパートをしたいと考えている。

・今仕事をしているかといえば、開店休業状態で、
 出産後からは育児をしていたので、
 ハンドメイドの収入はほとんどない。

・パート先もまだ決まっていない。

窓口の方はとても優しく親身な方で、
「なら、収入0円で自営業として申請するのが良いですね。」と。

「え?それいいの?」Σ('Д゜)ノノ
「はい。新しくお仕事を始めた方は、収入がない方とか普通に居られますし。」

こうして私は、お役所の大変お優しい窓口の方のおかげで救われました。

そして、収入ほぼ0円の自営業の私の息子は、
無事に通常保育の登園資格を手にしたのであった。


-おまけの話-

今回のお話のように、
お役所の手続きは書類上なので思いのほかあっさりです。

ですが、実際に登園するとなると私への風当たりは突風の連続でした。

誰にでも当てはまる話で言えば、
最初の年は、1日登園すると息子は直ぐに感染症を貰ってしまい、
通算で1/3くらいしか登園出来なかった事。

それと、もうひとつ。
ハンドメイド作家は世間から理解されない職業であるという点。

息子のお友達のママには、どう伝わってそうなったのか、
「フリマアプリかなんかで物売ってる人だっけ?」と、言われる始末。

ママさん達ですらそんな状態ですので、
園に理解して頂くのもとても大変でした。

園からすると「なにしてるかわかんない人」ですから。

そして現在は、実際に作品をお渡ししたり、
ネットのショップを見て頂いたりしてご理解頂いています。

次回は、「自分なりの収入目標」です。

※ちょっと注文が込み合っています。
そのため、売れっ子作家への道の更新は来週の予定にします。

お楽しみに。

↓興味を持って頂けた方、ぜひ応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2020年12月2日水曜日

②私が初心者ハンドメイド作家になった日

ハチの針として一番最初に作った作品が、こちら。

ーこれまでの売れっ子ハンドメイド作家への道ー
①売れっ子ハンドメイド作家への道

---------------------------------------------------------------

2019年のGW。
このころの私の収入源はパート勤務でした。

でも、時間を見つけては作品を作り、
ネットの委託サイトに作品を出品する日々。

アクセサリーを出品してみたり、
額や、クロスステッチ作品などを出品してみたり。

こだわっていたのは、
ハンドメイドとしては非常に効率の悪い刺しゅう作品。
これを何とか仕事にし、収入を得たい。

いろいろなポイントに投げ入れる釣り。

と言えば、
私のしていた事の雰囲気は伝わるでしょうか。

仕事として成り立ちそうな、シリーズ化の見込める、
短期間で購入数が伸びるポイント探し。

いつの日かパートから脱却し、
ハンドメイド作家を目指せる日を迎えたい。


その日が来たと感じたのは、
販売数が2週間で3~4の数字になった時でした。

ちょうど腰を痛めてパートを休んでいたGW、
私は意を決して夫にお願いをしました。

「GW+3ヶ月間の間、全力チャレンジさせてください!」


夫はいい人でした。


夫に許可を得た私は、
販売数の伸びた作品を継続販売するため、
仕入れや材料の見直しを行いました。

作品のテーマや、ご購入頂きたいお客様の層などを考え、
後に後悔しなくてすむよう必要な計算などを繰り返し、
ラベルやロゴなども作成して、価格の見直しを行いました。

作品は手刺繍で仕立てたハンカチに絞りました。
お花のデザインを増やしてシリーズ化にする。

慣れてきたら、ポケットティッシュケースや
ポーチなども作りたいけど、それらは軌道に乗るまで我慢する。

手間のかかる刺しゅうハンカチは、
刺しゅう好きの方が価値観を認めてくださいました。

作品は、ミモザやマーガレットなどの人気のお花もご用意し、
新作を買い揃えたいと言ってくださるお客様も現れました。


そして3ヵ月後。


再びの夫くん。

私「私が毎月の食費と交際費を支払い続けられる限り、
 ハンドメイドを仕事にする事を許して下さい!」


夫は神。
まじ、神。

こうして私は、初心者ハンドメイド作家になるべく駆け出しました。


夫、凄いよ。
嫌な顔ひとつしなかった。

彼には、芸術と愛の理解者「パトロン」の称号を与える。



ーおまけ-

この時やっておけば良かったと少し思っている事など。
忙しくなった時の仕事部屋での作業シミュレーション。

私の場合、あっという間に仕事部屋がごちゃごちゃした状態に。
特に納品書などの保管場所や、注文順の整理の仕方など。

パソコンに付箋で予約順を整理したりしてたけど、
息子の乱入で、アガガガガガ ってなった事も。

また、集中力が保てる机の向きや部屋の使い方など、
長時間こもり続けられる環境づくりや、暑さ対策、寒さ対策なども、
これらの事は健全な心でに継続的に作業を続ける上で大切なように思います。

繁忙期じゃない時の私は、よく模様替えをします。



次回は、「自営業の保育園申請の話」です。

お楽しみに。

↓興味を持って頂けた方、ぜひ応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ


2020年12月1日火曜日

①売れっ子ハンドメイド作家への道

12月の依頼表をプリントアウトしました。今月も頑張って埋めるぞ!

先日行ったブログの一新に続き、
ずっと宙ぶらりんだったブログのテーマを、
おひとつ加えてみる事にしました。

それは「売れっ子ハンドメイド作家への道」です。

我ながら、大変なテーマを考えたものだなとも思いますが、
意外とハンドメイド作家を目指している方も多いようですし、
私もこんなブログがあったらなと思う部分もあって書いてみたいなと。

折角のブログ、何も発信しないのは如何なものかという話ですし。

と言う訳で、私自身売れっ子ハンドメイド作家を目指しつつ、
私らしい真面目な気持ちと、ちょっといい加減なテイストの文章で、
知ったこと、感じた事などをつらつらとしてみたいと思います。


まず最初に、私は売れっ子作家ではありません!
(私の思う売れっ子作家は、常に予約で一杯な方。)

そして、私が思う
「You、ハンドメイド作家って言っちゃいなよ?」な、
ラインはこんな感じ、なのかなぁ~。

①お金の管理をしっかりと行っている。
②作品の販売を繰り返し、継続的に行っている。
③リピーターのお客様が存在する。
④作家として恥じない作品を販売している。

この水準、作家としてご活躍されている方にとっては
腹が立つほど甘いものかもしれません。

けれど、私はこの条件を100%満たしたと
自分の実績を振り返って思えるようになるまで
1年以上かかりました。

一般的に、結婚は「1年以内」が新婚と言われます。
でも、新婚さんいらっしゃいは「3年以内」を募集している。

ならば、私も3年以内。
初心者ハンドメイド作家と名乗らせて頂こうと考える次第です。

次回は、
「私が初心者ハンドメイド作家になった日」

お楽しみに。

↓興味を持って頂けた方、ぜひ応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2020年11月27日金曜日

ヤブツバキの販売


 ヤブツバキ|ミシン仕立てハンカチ 販売を開始いたしました。

椿の花が咲いているのを見かけると、
もう冬なんだなぁ。
今年も終わりか~と感じます。

この時期は、ハンカチ販売が少し落ち着く季節でもあるので、
少しでも在庫を増やせるよう作品作りにいそしんでいます。

また、来年から本格的に開始する予定の限定販売品。
こちらも、少しづつですが準備を進めています。

今日のお昼、なに食べようかなぁ~。

↓ポチリと応援下さいませ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2020年11月24日火曜日

胡桃染色のハンカチと大名古屋ビルディングイルミ。

 


週末は、名古屋駅周辺でイルミネーション散策をしました。

若者がやけに多く、中年以上があまりいない名駅周辺。
特に若いカップルと女同士の3人グループがものすごく一杯でした。

そんな中に、私(一応女性/綺麗目コーデ)、
夫(30代男性/ワークマンコーデ)、
夫の親友(30代男性/登山系(大きなリュックにはお土産入り)、
息子(4歳/全身ユニクロ+黄色い帽子+消防車のトミカ装備)

そんなわれらが向かうは、
真っ赤な薔薇と真っ赤なリボンがこれでもかと飾られ、
10万個の輝くイルミネーションと大きなハートにLOVEの文字の

大名古屋ビルディング。

いたる所で座り込んでいる女の子たちとカップルたち。

な、中で、めっちゃうち等、浮いてた!
でも、楽しかったー♪

↓ポチリと応援下さいませ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2020年11月20日金曜日

編み帽子と幸せのおすそ分け。


編みバックに続いて、息子のリクエストで帽子を作成しました。

保育園の先生って、こういう変化にすぐ気がついて声をかけてくれる。

息子は帽子をほめられたのが凄く嬉しかったらしく、
手にした日から毎日、この帽子をかぶって保育園に通っている。

息子の周りには愛情いっぱいの素敵な人たちがいっぱい。
だから息子は毎日ニコニコ嬉しそうに過ごしている。

そんな息子を見ていると私も嬉しい。
多くの方に頂いた愛情のおすそ分け、
息子からあふれた分を私も頂いております。

↓ポチリとお心遣い下さいませ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2020年11月19日木曜日

桜の刺しゅう

吉野の桜

春に向けて、いろいろ準備を進めています。
今日はこの作品の刺しゅう部分を少し手直ししたいと考え中。


昨日、とあるハンドメイド作家さんの集まりのようなコミュニティーにて
「このグループ 作家とあったけどレベルに戸惑う」的な意見とともに、
「作家初心者と本業の差をご教授ください」というコメントがあった。

私は、凄いことを言う人がいるんだなって驚いたのだけど。

昔、とある方が「確定申告してから作家を名乗れ」
的なことを言っていたのが頭に浮かんだ。

当時の私は、確かに確定申告が必要な金額はそんなに大金ではないし、
本業を名乗るなら、そのぐらいはさ・・・。という意味は理解したけど、
これから作家を目指そうかなと思っていた矢先でもあったので、
誤解を生むきっつい言い方と思いつつも、厳しすぎる意見に痛みを感じた。

愛の鞭って、愛があるってことを受ける側が理解してないといけない訳で。
相手のためを思っていても、振るって、良い結果になるとは限らない。

うまくいえないけど、どんなに自分が良い事を言ってても、
攻撃的に受け取られると「なんか、イライラしてる?」って、
そんな風に片付けられてショック受けた事ない?っておもう感じ。

そのコミュニティーでは作品を生み出すことが「作家」
だから、みんな「作家」、売買は関係ない。という結論になり、

私自身は、製作者本人が作品を生み出している「作家」の心づもりでいて、
作品をご購入してくださる方が「作家」から購入したつもりでいるなら、
「作家」は成り立っているようにも思ったりもしたけれど。

そんな話をハンドメイドのことを何も分からない夫に話したら、
夫は「荒らしたかったんだろww」って。

夫は続けて「(定義なんて)そんなん、どうでもいいw」って。

そしてその後ふざけだして、「僕が日本作家認定協会を発足するから、
1万円払って登録してくれたら、僕が作家認定出すよ!!」と
一人で盛り上がって「よし、「新」もつけちゃぞ!」
「新日本だ!!(プロレス好き)」なんて笑ってて。

そのうち私もなんだか可笑しくなってきてしまって。

「売れない画家」って言う言葉が成り立つなら、
「売れない作家」も成り立つだろうし、
「売れてる作家」も成り立つわけで。

え、ちょっと待って、じゃ、私も堂々と
「売れてる作家ではない作家」っていう肩書き持てる!?とか、
他人から「たったそれぽっちの売り上げで作家とか言っちゃってる作家」とか、小学生レベルの弄られる「ネタ満載作家」とかも思ったりで。

正直私は自分が他人から見て何者なのかは分からないのだけど。

「作家さん」と呼んでくださる方がいるのも事実なので、
そういう呼んでくださる方々に恥じない作品を作りたいとは思っている。

そりゃー商売だから、売りたいし、稼ぎたいけど。
でも、価値観の一番をお金と思ってたら、この仕事はしないし。

好きなことをしたい。という夢を追いかけている私にとって、
私の話を茶化して笑ってる旦那はパトロンの役割も果たしてくれている訳で。

ありがたいなぁと。

来年のハチの針はGWで2年目。
目指せ!今年以上の収益!願うは、パトロン逆転!

ブログやコミュニティーに参加してる暇があったら、
作品作れよ。と思いつつ、たまにはいいよねってサボっている私でした。

↓ポチリとお心遣い下さいませ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

続きを読む...は、家庭菜園メモなど。

2020年11月18日水曜日

刺しゅうの裏側

 

刺繍の裏側

ヤブツバキの作品が完成しました。
来月はじめから販売させて頂く予定です。

↓ポチリとお心遣い下さいませ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

続きを読む...は、家庭菜園メモなど。

2020年11月17日火曜日

編み物も好きなので。

今日は、ここからスタート。
最近作りたいものが多すぎて、どんどん忘れていきそうなで
在庫作りより、新作作りに力を入れて仕事を進めています。

それと同時に、息子が買ったダイソーの毛糸を発端に、
鉤針編みで息子のリクエストを作成するイベントが発生。

その第一弾が、このお買い物バック。

目数や模様も行きあたりばっかりで作成し、
息子のサイズ指定に身を任せて作ったものなので
だいぶ間延びしたデザインになっていますが・・・。

息子的には満足したようで、大事に使ってくれています。

が、続けて「帽子」「リュック」と、どんどん
リクエストがかさみ続けているのが少し気がかり。

どのタイミングで「調子に乗るな」というべきか、
嬉しそうな息子の顔を見ていると、言い出せぬまま。

春くらいに、親子セットの編みバックなども
販売できたらいいのになぁと思ったり。

合間を見て、少し製作してみたいなと
また新しく作りたいものを思い浮かべてしまった私でした。

  ↓ポチリとお心遣い下さいませ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ