~お知らせ~

*ワークショップな刺しゅう教室@名古屋 こぎんコース 4月の参加者を募集中。
  火曜 Am10:00~12:00 4月11日
  土曜 Am10:00~12:00 4月15日、22日
  ※土曜は喫茶店にて行いますので、飲食代は実費になります。

*4月より売店にて、初心者向けのキット販売を開始します。予約も受付中。

*お問い合わせメールへの返信について。
  お問い合わせメールへの返信は遅くとも48時間以内にお返事しています。
  3日過ぎてもお返事が届かない場合はコメントでご連絡頂けると幸いです。

2017年1月24日火曜日

刺しゅう糸を安易にケチって使う方法。

刺しゅう糸を最初から一定の長さに切って保管している方、結構いると思います。
というか、私が知る限りほとんどの方が切って保管しているような気がします。

で、ですがね。

たかが100円、されど100円の糸。
自分がやろうと思った場合、私にはもったいなくて出来ない。
だってね、だってね。

約8mの糸を約50cmの長さに切ったとして、使用した結果10cmの余りが出ると仮定します。
8m÷50cm=16本  16本×10cmの余り糸=1.6m 

1.6m!?8mの20%???って思いませんか。

80%しか糸が使えてないわけですよ。

稼動率80%。

つまり、毎回100円で糸を買ってるとしたら20円捨ててる訳です。
100本つかったら、2000円捨ててる訳です。

ただ単に短く切りそろえてしまっているというだけの理由で。

という訳で今回は、切りそろえている理由が
「40~50cmの長さをいちいち測るのめんどくさいから」という方に
お勧めの物差しいらずな糸の長さの測り方をご紹介します。


糸をつまんでぶらりと下げる。
写真ではわかりやすく、30cm物差しをつまんでぶら下げてみました。

①クロスステッチを1本どりで刺す場合の長さが欲しい時、
 つまんだ状態の「手」2つ分のところが約20~25cm。

②40cmくらいの長さが欲しい時は、肘のちょっと下あたりでカット。

50cmが欲しい時は、①を2回分、もしくは、②+10cm位を目測でカット。

これなら使用用途に応じて、道具を使わずに
糸をだいたい同じ長さで切りそろえることができます。

とか言いつつ。

実は私、刺しゅう糸は80cmの長さに切りそろえている人。
理由は、またいつか書くかも。

↓ 興味を持ってくれた方、このやる気スイッチを押すと喜びます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2 件のコメント:

  1. 谷間のゆり2017年1月25日 11:03

    先ずは間違い探しの件
    左下の葉脈の天辺が一針忘れている。

    本題
    ずっと更新の間が空く人だったのが、火が付いたように更新が盛んになって
    嬉しいでっす。
    今日の糸の長さの件
    私も色々考えて工夫しました。
    それは刺し日締めに使う糸を頭で計算して寸法に切る。
    その結果残ったら次はその分を引いた長さに切ると言う事
    私の場合広い部分を刺すより、同じモチーフを沢山刺すことが多いので、
    その点考えます。
    そして色ごとに長さを切った糸は輪っかに(5センチくらい)して安全ピンに収めて置きます。
    戦中派の私には無駄を省く知恵があるのだ、なんて偉そうにしてます。笑

    返信削除
    返信
    1. 谷間のゆりさーん

      私も毎日更新できてうれしいです。
      あぁ、この時間が毎日の余裕なのだなと。

      間違い探し、正解!額にはめ込む時に気がつきました。
      相変わらずのドジっ子です。

      そして糸の件!私も同じことしてますっ!
      使用した分と糸始末分を考えて出た長さがで切る。
      もしくは、その倍の長さで2つ模様が仕立てあがる分の長さに。
      みたいな!

      切って残った糸は、2cm位の単語帳についてるようなリングに。
      貧乏出の私も無駄を省く知恵が!

      そういうのって、ケチと思わず工夫と思うと楽しいですよね。ふふふ。

      削除

コメントの記入者は「名前/URL」を選んでください。
URLは無記入で大丈夫です、分かりにくくてごめんなさい。