~お知らせ~

*ワークショップな刺しゅう教室@名古屋 こぎんコース 4月の参加者を募集中。
  火曜 Am10:00~12:00 4月11日
  土曜 Am10:00~12:00 4月15日、22日
  ※土曜は喫茶店にて行いますので、飲食代は実費になります。

*4月より売店にて、初心者向けのキット販売を開始します。予約も受付中。

*お問い合わせメールへの返信について。
  お問い合わせメールへの返信は遅くとも48時間以内にお返事しています。
  3日過ぎてもお返事が届かない場合はコメントでご連絡頂けると幸いです。

2016年4月25日月曜日

布の値段の違いが刺しゅうの違いに。

試作で刺した生成りカラーの布

以前ネット販売の在庫限りで買ったイタリアリネンブルーリノという布。
値段は確か・・・、1m2000円くらいだったかな、カウント数は1cm19目くらい。

刺した感想は決して悪い布ではないんだ。
密度が高くて布目もかなり揃ってる。
出来上がりも材料費を考えたら、単体で見たら
まぁこんなものかなと思えるくらいな感じ。
が、しかし。

今回刺した白いリネン布。

以前住んでいた場所にあった手芸屋さんが閉店する際、
お店のご主人が「こんな良いリネン布は今は無いよ!!!」と
力説していた私の秘蔵っ子の布。


昭和の時代の価格では2800円の値札が付いていたけど、
お店のご主人は「今買ったら9800円はするね、もうないと思うけどね」と言っていた。

でも、刺しゅう布を買う人がいないと言う理由と、
古い布なのでシミが少しあったりして、
全部買ってくれるならと、格安で譲って頂けた布。

刺してみてびっくり、全然違う・・・・。違い過ぎる。

布目は数えやすいし、ステッチは綺麗に決まるし、
兎に角ね、見るからに高級そうに感じられるこの出来上がり。

同じDMCの25番1本どりなのになんでこんなに刺し上がりが違うの?!
ってくらい雲泥の差。

くぅーー。
こういう時は名古屋に越した事がちょっと悔やまれる。

東京に居たら速効越前屋さんにかけ込んで、
布漁り祭りを開催するのに。

絵もそうだけど、やっぱり刺繍も材料大事。
良い画材で描いた絵は、驚くほど素晴らしく見えるもの。

↓このやる気スイッチを押すと私が喜びます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2 件のコメント:

  1. 谷間のゆり2016年4月26日 10:22

    好い買い物ができて居たのですね、あの手芸屋さんで。
    私もあの時に買った昔の布で、助かって居ます。
    好い材料は使って居ても気分がいいですものね。

    返信削除
    返信
    1. 谷間のゆりさん

      勢いで買ってしまったという状況に近かったのですが(笑
      けど、ゆりさんの言う通り使ってて気分が良いです。

      今は使いどころに悩んでいる真っ黒のコングレスとかも
      これから少しずつ生かしていけたらと思ってます。

      けどね、お店が無くなったのは未だに悲しいですー。

      削除

コメントの記入者は「名前/URL」を選んでください。
URLは無記入で大丈夫です、分かりにくくてごめんなさい。