~お知らせ~

*ワークショップな刺しゅう教室@名古屋 こぎんコース 参加者募集中。
  ※土曜は喫茶店にて行いますので、飲食代は実費になります。

*4月より売店にて、初心者向けのキット販売を開始します。予約も受付中。
諸事情により中ごろへ延期させていただきます。

*お問い合わせメールへの返信について。
  お問い合わせメールへの返信は遅くとも48時間以内にお返事しています。
  3日過ぎてもお返事が届かない場合はコメントでご連絡頂けると幸いです。

2015年7月11日土曜日

失敗は成功の母。と、なるか?!

昨日のシュヴァルムの縁仕上げ。

フォアサイデッドエッジングで仕上げてあったはずだったのですが、
始まりましたよ天然ボケ。

一番外が1列しか刺してない(笑)

なんかおかしいと思ってたんだ・・・。
うん、どうりで何か違和感があったはずだわ。

で、思う。

このステッチ何て名前だったっけ・・?
いやいや、アンタそれまずいって!!って。

で、家の刺繍本ひっかきまわして
めちゃくちゃ基礎中の基礎をおさらいする私。

「あぁ、フォアサイデッドエッジングステッチか!って・・・。あれ?」

で、今度はお師匠さんに頂いた図案をひっかきまわして
お宝を引っ張り出してくる私。

「あ゛ー!!、お師匠さんと刺し方違う・・・。」

で、今度は基礎本とお師匠さんの刺し順を見比べて、
何が違うのかを必死に考える。

「あぁ、出来上がりの雰囲気が違うのか。」

基礎本の通りにやるとスクエアになる、
でも、お師匠さんのやり方はひし形になる。

で、なんでお師匠さんはひし形になる方法で教えてたんだろうと思う。

実際に刺してみたくなる。

で、ふと思う。

このピコになる部分、
めちゃ簡単に同じ大きさに出来ないものかな・・・。

で、ふとひらめく。

「あ、摩擦利用すればいいんじゃないの?!」

で、刺し始めてみる。






















いい感じで留まる。
でもこの先の仕上がりが気になる。

「早く刺し終わりたい!!というか、どう見てもヘムステッチ!笑」

で、途中で閃く。

「あれ?この私が失敗したフォアサイデッドステッチの裏側、意外と可愛いかも・・・」

けど、今はその一個前の閃きを試している途中。

続きはこれが刺し終わったら。

ムムム、体が2個欲しい私です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントの記入者は「名前/URL」を選んでください。
URLは無記入で大丈夫です、分かりにくくてごめんなさい。