~お知らせ~

<重要>
告知が遅くなってしまい申し訳ありません。
しばらくの間、こちらのブログ更新等の活動を休止させて頂きます。

*お問い合わせメールへの返信について。
  お問い合わせメールへの返信は遅くとも48時間以内にお返事しています。
  3日過ぎてもお返事が届かない場合はコメントでご連絡頂けると幸いです。

2013年11月12日火曜日

アジュール刺繍途中経過(1)

フォーサイドステッチでの穴あけと、
アイレットステッチでの穴あけが終わりました。

綺麗な穴に仕上げたくて、
ぎゅっと糸を引いて刺しているので指が痛い~(笑)

刺繍通信に載っている図案は、
刺し進め方などが要点しか書かれていないので、
過程のほとんどが自己判断に委ねられている感じ。

今回この作品を刺しながら気付いた
綺麗に仕上げるためのコツを書きこのし。

①中央のサテンステッチは最後に刺すのが良い。
理由:中央のサテンステッチは最初に刺すと
図案の刺し進めの目安位置に出来るという利点があるのですが、
代わりに、周りの手間のかかるステッチを刺している間に
ステッチした糸が痛みやすいという欠点がある。

②小さな四角部分を作っている
フォーサイドステッチとサテンステッチは、
先にサテンステッチを刺し終えた方が良い。
理由:先にフォーサイドステッチを刺してしまうと、
サテンステッチを刺すときにフォーサイドで束にされた糸を
針の先端で分けるというか、こじ広げるというか
まぁ、アレです。一言で言うなら刺しにくいっ。

③糸を引く方向は、布に対して垂直に
引く力は同じステッチであれば同じ力がかかるように工夫する。

④アジュール刺繍は糸を引く面積が少ない場所や、
少し緩めに糸を引きたい場所は
刺繍枠を使った方が綺麗に刺しあがる。

けど、逆に広い範囲をきつく引いて刺す時は、
刺繍枠を使わないほうがキッチリと糸が引けて
綺麗に刺しあがる。

理由は、糸をきっちり引けば引くほど
刺繍した部分の布の縮みも大きくなるので
刺繍枠に入れてしまうと布の張りがどんどん強くなって
刺し進めるほどに糸を引き締められなくなっていくから。

応援クリックもらえると嬉しいっす!
にほんブログ村 刺繍へ

6 件のコメント:

  1. アジュール刺繍は未経験です。
    なるほど〜。やってみたいです。

    返信削除
    返信
    1. アジュール刺繍は参考に出来る書籍が本当に少なくて、
      現在必死に探し回っている私だったりします。

      サンプラーを作るだけならいくつか書籍があるのだけど、
      こういう特性を生かした素敵な図案がぜんぜん見当たらない。

      でも、糸を切らずにかがって引き締めるだけの刺繍なので、
      ハーダンガーよりも手軽に出来る素敵刺繍だと思うんです。

      とっても楽しい刺繍ですよ~♪

      削除
  2. アジュール刺繍と言うのはざっくり織った生地に向いた刺繍ですね。
    それともきっちり詰まった織物が無かったから、考え付かれた刺繍なんでしょうか?
    ある程度纏めて刺繍をしないと、引き加減が違ってしまいそうですね。

    返信削除
    返信
    1. さすが谷間のゆりさん、そうなんです起源が気になる刺繍なんです。
      「フランス語で透かしの入ったという意味」だそうで
      起源はフランスということなのですが、詳しいことは良く分かりません。
      ざっくり織りの生地であればあるほどとっても綺麗な仕上がりになります。
      ガーゼ生地なんかにも向いてる面白い刺繍です。

      削除
  3. なにこれ、すごーい!(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-

    白糸刺繍…やっぱりいいですね…
    あたしは結局サテンステッチが苦手すぎて
    クロスステッチばっかりです(笑)

    返信削除
    返信
    1. 面白い刺繍でしょ~。
      やりたい刺繍を・・と考えると、白糸刺繍になってしまう私。
      サテンステッチは加減が難しいですよね。
      私もあまり得意ではないという意識があり、
      フランス刺繍などにはなかなか手が伸びません。
      クロスステッチは刺したい図案が山盛りあって、
      悩みすぎるので逃避気味だー><*

      削除

コメントの記入者は「名前/URL」を選んでください。
URLは無記入で大丈夫です、分かりにくくてごめんなさい。